お湯の記録と評価     岐阜県    

                      平瀬温泉   共同浴場   

泉  質  含硫黄・ナトリウム-塩化物泉
施  設  男女別    内湯のみ
T E L  な   し
営業時間  12:00〜21:00    
料  金  2005年5月16日で閉鎖 今回無料 
評  価 ☆☆☆☆☆
2005年 5月
平瀬温泉は、白山の懐から湧きでる95度の温泉(大白川温泉)を14km引き湯しています。
塩分を含んだ硫黄泉で、「子宝の湯」として親しまれている。

無色透明、やや熱めのお湯が掛け流しされている。
湯船は10人ほどは入れる大きさでタイル張り、縁のみステンレスで覆われた珍しいものです。

14kmを引き湯しても源泉温度が高いので、湯口は手を浸けられないほど熱く、これに適量の水を加えている。 (写真:右下が湯口)

建物は相当に老朽化している。
この老朽化が原因かどうかは知ないが、あと2日ほどで閉鎖される。
訪れたこの日は、通常330円の料金が無料で開放されていた。(2005年5月15日)

すぐ近くに「しらみずの湯」という立派な日帰り施設ができており、オープンは2005年5月19日との事。